『真剣交際ってどういうこと?』



いとしま出会いサポートセンターでは、登録制の1対1のお見合いを行っております。

お見合いが成立するとまずは、『プレ交際』という連絡交換を取り合うお友達から
関係をスタートして頂きます。
その後、お二人が本交際・お付き合いしたいというようなお気持ちに発展した場合に
『真剣交際』になります。

『真剣交際』まではどのくらいで?
早い方は1ケ月。
その前に3回くらいでもうお付き合いという方もいらっしゃいますが、
目安としては3ケ月間のやり取りの中で交際するかどうかを決めてもらうという期間があるので、
その間は複数の方とのやり取りもOKというルールで交際へのハードルを下げ、
何度か会ってからどうするか決めるということができるのです。

『真剣交際』になるには?どうしたらいいのか?
やはり、会うこと。回数は大事です。
そして、コミュニケーションを積極的にとっていくことです。
めんどくさがらず相手をしっかりと向き合っていくこと。
お見合いからのスタートはどちらかというとスロースタートとなり、
まだ恋愛までいっていないけど、話しが合う。とか共通点がある。など。

とにかく相手と自分とのフィーリングを確認しあうことが大切です。
何より『また会いたい』っていう気持ちになっているかがポイントで、
ただただ、何度もあっていっても、お互い様子見ばかりで、
相手だどいう人かなどわからずに時間だけが過ぎていってしまいます。
3ケ月って聞くと。え~早くない?そんなのでわかるの?

という方もいるかもしれませんが、大事なのは『熱量!!』相手のこともっと知りたい!
興味をもって接していくことが大事ですし、
恋愛に求めるものと結婚に求めるものは人によって違います。
恋愛は楽しくてドキドキして一緒にいるだけで満足したり、
満たされたりするその相手を思う気持ちがあるかないかというものですが、
結婚は将来お互いに支え合い、何でも話し合えて、『素』が出せる人じゃないと続かないものです。

なぜ結婚を決めたのですか?
と既婚者に聞いてみると。
『次に付き合う人と結婚しようと決めていた!』とか

『20代で結婚したかった。30代で結婚したかった。』
など具体的な目的があって、結婚したい気持ちがあるから出会った時に
その決断ができるのだと思います。
運命の相手は実は近くにいたりして・・・

大切な存在の人がいても自分では気づかなかったりすることもあります。
『運命は気づいた時から始まっていくもの。』
日々の出会いも大切にしていくことでそういう縁に向かって行っているから
毎日の行動は決して無駄なことはありません。

『結婚する準備をしていますか?』
急にお見合いが決まって焦ってしまう方がたまにいます。
自分の気持ちが向いていない時はどんな人に会ってもうまくいかなかったりしますから、
相手の問題ではなかったりします。
なぜか、そういう時はあまりよい出会いに恵まれなかったり。。。

特に心の準備、気持ちは日々変わるものですが、
ガラスのハートを壊れないように自分でメンタルをキープしていくのは結構大変です。
男女は、相手があって成り立つものですから、
『自分よりも大切にしたいもの』『一緒に人生を乗り越えていきたい』
と二人だからこそできることがあると思います。

家族とはまた違う、夫婦でしか感じられないものがあると思います。
結婚は人生を豊かにするものだと思いますので、『誰かのために生きる』そんな

コメントを残す