福岡地区・糸島での仲間作り・友活・婚活などの出合いの場を提供

糸島発!お結びプロジェクト!真面目な恋愛や結婚を応援します。

  
 福岡・糸島での友活・婚活のいとしまお結びプロジェクト > デートスポット > 歴史・文化

ここに来れば伊都国のすべてがわかる。
市内の遺跡等で出土した、弥生時代を中心にした数多くの文化財を収蔵・
展示している歴史博物館。なかでも、約1800年前に築造された国指定
史跡「平原遺跡」の出土品(青銅鏡40面・鉄刀・瑪瑙管玉・ピアスなど。
平成18年国宝に一括指定)は必見です。


巨大銅鏡の里で古代の風を感じよう! 日本最大の銅鏡「内行花文鏡」が出土した国指定史跡「平原遺跡」を中心に、
出土品を再現した陶壁画や石堀ベンチを設置し、歴史公園として整備した
自然に親しめる公園です。
秋になると地元有志の手で植えられたたくさんのコスモスが訪れる人の目
を楽しませてくれます。天気の良い日はピクニックに最適な場所です。


「無額の鳥居」としても有名な深江神社。
秀吉が名護屋城に在陣の折り、天正20年8月(1592年)深江神社に参拝。
その時に、秀頼公の誕生の報告を受けた。
当神社は「秀頼の産の宮なり」と申されたと云われ伝えられている。
神社内の茶会のあった場所には木製の碑が立っています。


伝説の怡土七ヶ寺の一つ、夷巍寺の跡とされる二丈一貴山字一貴山には、
江戸時代に再建された仁王門とともに、1対の金剛力士像が残されています。
高さは2.8mほどあり、市の文化財に指定され、地元の一貴山集落の人びとに
よって大切に保存されています。
元は奈良時代に聖武天皇の勅を受けて、インドから渡って来た清賀上人が建
てた夷巍寺の山門と伝えられますが、現在は仁王門だけが残っています。


静かな山里で平家の悲話に思いをはせる!。
糸島市二丈の北部、標高約330mの山あいにある戸数6軒の小さな集落・唐原
には、平家の落人にまつわる伝説が伝えられています。
平安時代の末、この唐原の里に平清盛の嫡男である平重盛の内室(妻)と二人
の姫たちが逃げ延びましたが、安住の地を得たのもつかの間、源氏の追っ手た
ちによって悲惨な最期をとげました。
残った家臣たちは、内室と姫たちの霊を弔うため思いとどまり、農耕を行いな
がらこの地に住み着いたと伝えられます。
今も唐原には内室や姫たちの墓をはじめ、姫たちが都を懐かしんだという都見
石、重盛の遺髪を埋めたと伝えられる黒髪塚、姫たちがその
前で舞を舞ったと伝えられる千寿院の滝などが残っています。


平家落人伝説に彩られた滝。石崎交差点から山手に約3km、カエデや杉に
囲まれた木立の中にある高さ15m、幅12mの滝。ひんやりした空気が心地
よい冷涼スポットです。







インデックス

パワースポット

歴史や文化

四季の息吹

志摩地区

前原地区




  トップページお結びプロジェクト会則イベントスケジュール会員登録糸島観光運営団体概要プライバシーポリシーLINKお問い合せ
© 2011 i-omusubi.com All Rights Reserved.